いわき市 内郷の『痛みの原因特定屋』 及川整骨院

ムチ打ち

文字サイズ:

ムチ打ちについて

交通事故によるケガで最も多いのはムチ打ちです。(頚部損傷の7~8割を占める)

ムチ打ちとは、交通事故で追突された場合、体が前に押し出され、頭だけが残り、ムチがしなるような状態になるので「ムチ打ち(むちうち)」と呼ばれています。症状は首や、首から肩にかけての痛み、頭痛・吐き気・めまいなどです。
頚椎に異常(ムチ打ち)が生じたら自然に完治する率は、非常に少なのです。自然に完治したと思っていても、数年後にあらゆる諸症状が出る可能性があります。診断の後、整骨院(接骨院)で治療を行います。
 

ムチ打ちの原因

衝突や転倒時に、頚椎に対し側方・後方・前方からの思いもよらぬ衝撃に対し、頚椎のズレ・骨間の軟部組織・靭帯・筋肉などに損傷が生じ、身体に様々な症状の発症に繋がっていきます。

ムチ打ちの分類

バレリュー症候群

ムチ打ちにより、頚部交感神経の過緊張による椎骨動脈の痙縮を起こしている状態をいいます。
自律神経の交感神経、副交感神経のバランスがくずれ、様々な症状が生じてくるのが自律神経失調症と呼ばれていますが、バレリュー症候群は、頚部での自律神経機能障害ということになります。
ムチ打ちによる、めまいや耳鳴りなど脳幹、自律神経症状を主訴とするものです。原因は様々な説があり、はっきりとわかっているわけではないようですが、頚部の交感神経が亢進している為とか、椎骨動脈の循環障害のためなどと考えられているようです。

頚椎捻挫型 (ムチ打ちで最も多い)

捻挫型はムチ打ち症と診断されるものの、8割程度がこの頚椎捻挫型と考えられています。
頚部を支持する筋肉(胸鎖乳突筋・板状筋群・僧帽筋など)や靭帯、関節包の断裂など軟部組織の損傷が起こっている状態です。ムチ打ちの初期の症状です。

頚椎神経根型

頚椎には7個の椎骨が連なっていますが、その中の脊髄から各隙間を通って神経根という太い神経が伸びて、肩や上肢などの末梢神経へ伸びていっています。 脊髄から出ている頚部の神経が追突などの外力により引き伸ばされたり、圧迫を受ける事により起こります。各神経根はその支配領域が決まっている為、症状が発症している部位からどの神経根に障害があるのかおおよその推測が可能です。 重度のムチ打ち症状です。

低髄液圧症候群

脳脊髄を満たしている脳脊髄液が追突などの外力によりもれる状態です。 脳脊髄液が減少することにより慢性的な頭痛、頚部痛、めまい、嘔気、視力障害、倦怠、集中力・思考力・記憶力低下など様々な症状が出現する。しかし、一部で慢性化をすると髄液圧は必ずしも低くない場合があることが分かってきたという。多くは交通事故などによるムチ打ち症や外傷など比較的軽微な傷害が原因ですがですが、原因不明な場合も少なくないらしいようです。また、髄液圧が正常値でも発症するとされる「低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)」なるものは、近年新しく提唱され始めた見解であり、まだ解明されていない部分も多く、病態はまだよく解明されていないようです。ムチ打ちを放っておくとこの様な症状がおきます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional