いわき市 内郷の『痛みの原因特定屋』 及川整骨院

中学生 脊椎分離症 腰の痛み

中学生 脊椎分離症 腰の痛み

野球イメージ

【症例報告】
・中学生 男子
・脊椎分離症(来院時、整形外科でL5の脊椎分離症の診断あり)
・外部の野球クラブで(1週間に2回)練習をしている。


整形外科にて脊椎分離症の診断直後から、6ヶ月間の運動中止とコルセット装着の指導を受ける。


6ヶ月が経ち、少しづつ運動を再開。

当初の痛みはだいぶ落ち着いたが、バッティングや前傾姿勢、全力疾走時に腰に痛みがあるとのことで来院。


【動作時の痛みの確認】
起床時の起き上がり(+),座位から立位(+),前傾姿勢(+)
バッティング時のエンドポジション(+),歩行(-),全力疾走(+),(左)片脚立位でフラつきあり

疼痛誘発動作で検査した結果、

現在の痛みを誘発している筋肉が、主に腹部の深層にある大腰筋(左>右)である事が判明。



【今回のケースで施術対象になった筋肉】
・大腰筋(腹部奥)
・臀部(お尻)
・前脛骨筋(スネ)


これらの筋肉の局所的な硬さを緩めていかなければ、症状が軽減しないことと、腰椎の過前弯(反り腰)姿勢について親御さんに説明し、通院の頻度と期間、セルフケアの仕方を説明。

割と早めに症状が軽減したこともあって、途中予期せぬ運動で、痛みがぶり返すアクシデントもあったが、予測された期間より、早めに痛みがなくなり当院をご卒業!!

a:316 t:3 y:0

コメント


認証コード9398

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional